【用語辞書】FAX(読み:ファックス)とは

【用語辞書】FAX(読み:ファックス)とは

説明:
多くの場合、最初に見た人が「自分宛の文書でない」と判断し、その後そっと元の場所に戻しておく書類のこと。

親切心から本人に渡そうと下手に持ち歩くと、当人と入れ違いになり、逆に「大きなお世話だ」という心情を浮かべて受け取って貰えるもの。

会社名のみ・部署名のみなどの曖昧な宛先、下手をすれば宛先すら書かれておらず、受信後何日も放置され、気づけばいつの間にか消えており、後になって送信者から「送ったはずなのに返信が無い」というクレームが入る書類のこと。

解像度やモノクロや印刷の関係で、パソコンで打ち出した文書/綺麗な手書きの文書ですら読みにくい事があるのに、蛇がのたうち回ったような手書きの字で書かれた文書と合わせ技で送られると殺意を覚えるもの。

突然、縁もゆかりもない会社から、全く興味もない商品やサービスの紹介、往々にして、家を購入する予定もないのに「いい不動産あります」、お金に困ってもいないのに「お金借します」と書かれた広告を受け取るために、インク代や紙代をなぜか強制的に自腹で負担させられるもの。

見積書や注文書などを送る際、スキャンしたデータを電子メール送信するよりも、画質は荒くモノクロとなって見づらいにも関わらず、書類上のヘッダー/フッターに送信元FAX番号お送り先FAX番号送信日付が残る事から、証拠能力がある書類として意外と受け入れられる事があるもの。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック