【用語辞書】エビデンス(読み:えびでんす、Evidence)とは

【用語辞書】エビデンス(読み:えびでんす、Evidence)とは

説明:
重要な情報を伝える時・誰が仕事のボールを持っているのか曖昧な時など、後から「言った」「言わない」の水掛け論にならないように、あらかじめ第三者から見て証拠/証明能力のあるメールや文書などで、事前に相手へ伝え、自分自身でもいつでも見られるように残しておくもの。

該当の情報に詳しくない者に、こちらから提供した情報が、「それって本当に正しいの?」「何でこの数値なの?」「あなたの思い込み(又は捏造)じゃないの?」と言われないようにするために、一緒に添付する提供情報のデータ元となる根拠のこと。

「STAP細胞は、ありまぁす」と言われたときに、真っ先に問いたくなる言葉の一つ。



使用例:

上司(指摘)「この金額となるエビデンスはあるの?」

部下(報告)「これが仕入れ先から提示された価格のエビデンスです」
部下(保険)「エビデンスとして、本メールにて書類を添付いたしました」


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック