テーマ:納品物

10万円以上の商用ソフトウェアは物理的な納品をすべき

IT業界の流れとして、顧客が購入した商用のソフトウェア製品を、Eメール納品主体にする動きがあります。 日本企業よりも、主に海外ベンダーさんに、そのような傾向が強いと感じています。 表向きの理由は、CO2削減・早期納品。 実際の理由は、納品物の作成コスト・郵送コストの削減などです。 安価なソフトウェアなら、それでも良いと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more